Old/sampou.org/HowTo_GHC-HEAD_Hackages

HowTo_GHC-HEAD_Hackages

HowTo:GHC-HEAD:Hackages


HowTo_GHC-HEADで構築したghcの環境が前提。($HOME/ghc-HEADにインストールしている状況)

インストールしておきたいHackage群。

  • HEADのghcを使ってビルドするのでパス設定
$ export PATH=$HOME/ghc-HEAD/bin:$PATH

hscolourをインストールする

  • 以後のHackageをインストールする時にはhaddockもインストールしたい。
% tar xvf hscolour-1.10.1.tar.gz
% cd hscolour-1.10.1/
% runghc Setup.hs configure --prefix=$HOME/ghc-HEAD
% runghc Setup.hs build
% runghc Setup.hs install

最初のインストールでhscolourを入れることでhaddock –hyperlink-sourceが可能になる。

% runghc Setup.hs haddock --hyperlink-source
% runghc Setup.hs install

再度インストールする必要あり。
なお、このhscolourがインストールされたghc-HEADを使ってHowTo:GHC-HEADの通りghcを再ビルドすると、 作成されるhaddockにはソースへのリンクが作成されるので何かと便利。


utf8-stringをインストールする

  • UTF-8を使えるようにする。
% tar xvf ~/archives/utf8-string-0.3.1.1.tar.gz
% cd utf8-string-0.3.1.1/
% runghc Setup.lhs configure --prefix=$HOME/ghc-HEAD
% runghc Setup.lhs build
% runghc Setup.lhs haddock --hyperlink-source
% runghc Setup.lhs install

Last modified : 2008/09/24 17:47:43 JST